認知症のケア

認知症のケアにも色々と方法がありますが、
大きく分類すると、
精神的ケアと身体的ケアとに分かれます。

大切な事は、認知症患者と
そのご家族等、認知症の専門医、

そして認知症ケアをするスタッフなど、
みんなが連携して情報交換を行なったり、
経過観察などを行なって行く必要性があります。

決して自分ひとりだけで
認知症をケアしていこうと思わずに、

周りの理解や協力を得ながら
進めていかなければなりません。

ひとりで認知症をケアすることは、
かなり困難なことですし、

自分にかかってくる精神的ストレスや、
認知症に対する情報不足や誤認識などがありますから、
必ず周囲との連携を図りながらケアしていきましょう。

特にご家族であれば、
認知症になる前の状態を知っている訳ですから、

認知症の諸症状などが現れると、
認知症患者に対して
怒ってしまったり叱りつけたりする事があります。

認知症であると気づいていても、
正しいケアや認知症の情報が不足していれば、
正しい接し方は難しいと言えます。

常に関心を持ってあげて、
認知症患者の言動や行動、あるいは健康状態や興味、

関心を探りながら、
それに対しての適切な対応を行っていきましょう。


スポンサード リンク

認知症のケアにも色々と方法がありますが、
大きく分類すると、精神的ケアと
身体的ケアとに分かれます。

inserted by FC2 system